肌の糖化とカルボニル化の原因と解決策

糖化

体内のたんぱく質が糖質と結びついてAGEsという物質が増えることです。

抜毛の女性

体のあちこちで起き、糖尿病、骨粗しょう症、アルツハイマー病、動脈硬化、脱毛・抜け毛の引き金にもなると言われています。

 

この「糖化」が肌で起きてしまうと、たんぱく質、つまりコラーゲン線維同士が固まってしまい、弾力がなくなります。 そのため肌にハリがなくなってしまいます。

 

AGEsというんは褐色なので、肌色が黄色っぽく見えてしまいます。

 

糖化の原因としては、糖分を多く含む甘いものをよく食べる、夏以外日焼け止めはしない、お酒の飲み過ぎ、喫煙、睡眠不足が考えられます。

 

カルボニル化

紫外線

脂質の分解物と真皮のたんぱく質が結合することによって、変性することをカルボニル化と呼ばれます。

 

年代別にみると、カルボニル化したたんぱく質は40代以降になると多くなるのだそうです。

 

カルボニル化の原因としては紫外線によるダメージ、たばこ、ストレス、活性酸素、環境汚染物質といった酸化、加齢に伴う鉄蓄積が原因として考えられます。

 

カルボニル化は黄ぐすみだけでなく肌のしわやたるみの原因にもなると言われています。

 

 

では、「糖化」や「カルボニル化」の解決策は…?

お肌の「糖化」・「カルボニル化」の予防や解決策としては…

  • 甘いものを食べ過ぎない
  • 炭水化物中心の食費を控える
  • 飲み過ぎ、たばこ、睡眠不足を改善する
  • 代謝を向上させる
  • 抗酸化対策をする
  • 皮脂対策をする
  • 紫外線対策をする
  • 美白コスメを使う

甘いものの摂り過ぎは肌の「糖化」を促進してしまいます。 過剰摂取は控えるようにした方がよいでしょう。

 

和食

バランスの良い食事をするように心がけ、睡眠不足解消など生活習慣の改善はお肌だけでなく、体内環境の改善にもつながります。

 

適度な運動もお肌・体の健康につながります。 散歩やストレッチなど軽めの運動から取りいれていくとよいと思いますよ。

 

皮脂が紫外線を浴びると参加が怒り、カルボニル化につながるため、皮脂対策はしっかりとしましょう。 乾燥により皮脂が余分に生成されてしまうのでお肌の保湿ケアは重要です。

 

たばこやストレスによる活性酸素の過剰発生を防ぐのも大切です。

 

ビタミンCやポリフェノールなどを意識して摂取し、体内からの抗酸化対策をするとよいでしょう。

 

美白コスメを使うことも重要です。

 

メラニンの生成を抑え、糖化などのケアもできる成分が配合していて、くすみも改善してくれる美白コスメを使うことをおすすめします。

 

ホワイトケア トライアルセット

 

美白ケア(本製品2)